定期的な処理が南京虫駆除の秘訣|予防対策の重要性を知る

駆除の方法と予防方法

南京虫

南京虫はダニやノミと同じ吸血昆虫の仲間になります。南京虫はトコジラミとも呼ばれ、鳥類やコウモリ類に寄生するのが特徴です。南京虫は幼虫も成虫も扁平体なのが特徴です。そのため畳や床の細かな隙間にでも簡単に潜り込むことが出来ます。基本的に吸血行為は夜間にするため、気づいた時には南京虫の被害を受けてしまっているというケースが多いのです。南京虫に刺されてしまうと赤い斑点のような刺し口が残ります。刺された当日は痒みや痛みの症状はあまり感じません。ですが刺された2日後から一気に痒みの症状が襲ってきます。

完全に南京虫駆除を行なうためには、専門の駆除業者を利用すると便利です。業者は南京虫の生態に関して非常に精通しています。その知識を駆使して南京虫のような小さな害虫の棲家でも的確に探り当てることが出来るのです。南京虫駆除は一回の処理で終了することはほとんどなく、複数回の処理が必要になります。これは一度に何回も行なうという意味ではなく、定期的に間隔をあけながら対処するということです。そうすることで、少しずつ南京虫駆除を進めていくことが出来ます。業者は持続性のある粉材と即効性のある液体の両方を使い分けながら作業を進めていきます。また業者の南京虫駆除作業が終わった後も、こまめに掃除機をかけておくと南京虫発生の予防になります。南京虫が発生しやすい、ベッド、畳の細かな隙間、ペットの周囲を念入りに綺麗にすることを心掛けるといいでしょう。

鳩の巣に対する執着心

女性

鳩の糞をベランダで発見した場合、鳩が巣を作っている可能性があります。鳩の糞は悪臭や感染病のリスクを高めてしまうため、早い段階で対策を行なうことが重要です。まずは専門業者に相談してみましょう。

もっと知ろう